ヒートショックとヒートショック・プロテイン その2

前回の記事からの続きだが、昨今の入浴の流行りは、ぬるいお風呂にゆっくり浸かるというリラックス志向である。

整体流の 「熱め、短め」 は、交感神経が緊張して寝付きが悪くなるとか、それこそヒートショックを引き起こすとか、医学・科学の分野の研究ではどちらかというと分が悪い。

しかし一方で、整体流を援護する科学的研究結果もあったりする。その一つが、ヒートショック・プロテイン(熱ショックタンパク質)だ。
熱ショックタンパク質とは、細胞が熱などのストレス化に置かれたときに発現が上昇して細胞を保護するタンパク質のことだ。このたんぱく質が活性化すると、具体的な御利益としては肌のツヤが良くなったり、免疫力がアップしたり、代謝が上がって冷え性や低体温が改善したりするという。原理的には、しなしなのレタスが50度洗いでシャキッとする、というのと同じことらしい。

これらの御利益は、整体の世界では熱めのお風呂に期待する効用としては極々常識的なものである。

熱ショックタンパク質に関しては、数年前から健康番組などで取り上げられてたようだが、最近ではリオ・オリンピックの陸上選手が、温度が高めの入浴法を取り入れて成果を上げたということが一部で話題になった。試合の2日前に熱めの風呂に入るのが、もっとも試合当日に力を発揮しやすいらしい。

 

整体の流儀は昔から変わらないのだが、時の流行りや科学の新常識などによって、整体は非科学的だとか逆に科学の先を行っているとか、いろいろと世間の評価が変わるのが面白い。

呼吸器を良くするのに目に愉気をするとか、脱肛を頭のてっぺんで治すとか、そんなものは科学的ではない、というようなことは整体創成期からたえず言われているようだ。
逆に、後から医学・科学の分野が追いつくこともあり、やっぱり整体はすごいとか、野口先生は天才だったとかいうこともある。(それだって、また新しい論文が出て二転三転するんだけれど・・・)

ある人は、整体は 「非科学的」 だといい、ある人は、「未科学的」、すなわち未だ科学では解明できない分野であるという。

私にとっては、正直どっちでもいい。そもそも、整体は科学ではない、と考えているから。
茶道や華道、武術、美術、音楽が科学ではないのと同じ感覚で、整体も科学ではない。

科学・医学の知識が整体の役に立つことは大いにある。しかし、別に整体が科学的である必要はないと思う。
医学は、もしかしたら大部分が科学なのかもしれないが、整体はどちらかというと人と人とのコミュニケーションだと考えている(潜在意識、無意識の領域まで含めての・・・)。

 

さて、熱めのお風呂に入る場合、その適温は何度ということではなく、入る前に湯を手でかき混ぜてちょうどよい湯加減を決める。
ぬるくては、体を引き締め活性化する効果はない。熱いけれど、気持ちいい温度、それが適温である。

ぬるいお湯に浸かって、後から追い焚きなどで加温するのは、余計に体がたるむのでよろしくない(中毒解消にはあく抜きのようなこの入り方が役に立つ)。あらかじめ適温にしておいてから入浴する。

いつまでも入っていられるようではお湯がぬるい。何分かしたら出たくなるくらいの温度がよい。
お湯から上がるタイミングは、温まり切るほんの直前で出るのがよい。それを越して入っていると逆上せてしまう。

足先が冷えるような人は、お湯から上がるときに足だけ湯に浸けたままで体を拭いて、その間足だけ余分に暖めておくといい。

ヒートショックとヒートショック・プロテイン その1

最近、メディアなどでヒートショックに関する注意喚起がしきりになされている。

ご存じだろうが、ヒートショックとは、寒い脱衣所や浴室で衣服を脱いで寒さにさらされた上に熱いお風呂に入ることで、急な温度変化にさらされ血圧などが急激に変化することをいう。場合によっては、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす恐れがある。

テレビの健康番組などでも、入浴温度はだいたい41度以下を推奨しているようだ。

一方整体では、日常的に入るお風呂の温度としては 「熱め」 を奨めていて、何度とは決められないが、42度くらいが標準的とされている。
つまり、体の感受性にもよるのだが平均的に42度が熱いとぬるいの境で、整体は熱いお風呂を、医師などはぬるいお風呂を推奨しているということである。

整体でぬるいお風呂を奨めない理由は、体がたるんでしまうからだ。つまりは、体が伸びきったゴムのようになって、元気が出なくなる。体がゆるむのは良いことだが、たるむのはいただけない。
たるむというのは、力が入らなくなるということであって、生きる活力が低下してしまう。例えば朝が起きづらいとか、意欲が湧かないとか、ともかく元気が出なくなる。
もちろんリラックスはよいことだが、引き締まりがなければ、ただのヘナヘナになってしまう。弓の弦も強く張りすぎれば切れてしまうが、たるんでいれば役に立たない。ちょうどよく張られた弓の様に体を活性化する入浴法が、ちょっと熱めのお風呂に短めに入るという方法なのだ。

さて、私の家内の実家は東京の下町にあるのだが、そのあたりでは銭湯文化が根付いていて、内風呂がある人でも結構ふだんから銭湯に行ったりする。
最近は時代も変わって、そのあたりにもお湯のぬるい銭湯があるが、20年ほど前までは、軒並み熱いお湯のお風呂屋さんばかりだった。しかも、その熱さといえば尋常ではなく、サッと手を入れると入れたところまでがキレイに真っ赤になるといった具合で、はじめて入ったときには、大げさではなくあまりの熱さに手足の爪が剥がれるかと思ったほどだ。

そんなお湯の熱いお風呂屋さんでも、湯中りぐらいはあっても、倒れる人が出たというような話はとんと聞いたこともない。
お風呂屋さんでは、脱衣所も暖かだし、体を洗ってからお湯に浸かるのがマナーであるから、ヒートショックも起こりづらいのではないだろうか。
もちろん、あまりに熱いお湯では体に悪いのは当然だが、気持ちの良い範囲の温度であれば、熱めの風呂自体が悪いということではない。(もちろん、心臓や血圧に問題がある人の場合は、それなりの配慮がなくてはならない)

ヒート(熱)のショックというから熱い風呂が悪いような印象だが、どちらかというと問題は急激な温度差にある。脱衣所や浴室で素肌が寒気にさらされて、ブルブルっと来るのが最初のショックなのだ。

できれば、脱衣所や浴室にも何らかの暖房設備を設置するのが最良の対策だろう。
しかし浴室などはそれもなかなか難しいであろうことから、最近ではシャワーで高いところからお湯を張るとか、入浴前にしばらくシャワーでお湯を出しっぱなしにしておいて、浴室の温度を上げておくことなどが奨められている。

またお風呂以外にも、夜中のトイレなど、暖かい布団から急に寒いところに出ると、やはり血圧が急変して危険なことがある。
廊下やトイレも暖かければそれにこしたことはないが、寝室にちょっと羽織れるものやスリッパなどを用意しておくのもよいかもしれない。

年末年始のお休み

 

  12月29日(木)~1月5日(木)は、お休みさせていただきます。

修練

整体操法は、「体術」、すなわち、「体」 を使って行なう 「技術」 である。

「体術」 である整体操法を 「身につける」 ということは、文字通り 「体で覚える」 ということである。いくらやり方を習っても、それを実際に使えるように修練しなければ、整体操法を習得したことにはならない。

空手の突き方、蹴り方、受け方を習っても、練習して威力を発揮して実戦・護身に役立てるようにならなければ空手を身につけたとはいえない。それと同じことである。

私が整体を学んでいた頃も、習っただけで練習もせず、講座にきては 「難しい、難しい」 を連発している人がいた。練習をしているかどうかなんて、素人から見てもすぐにわかるものだ。
そもそも高度なものを学んでいるのだから、難しいのは当たり前である。練習もせずに、できると思っている方が不思議でしょうがなかった。

操法は相手があってのものだから、練習の台になってくれる人がいないとどうにもならない部分もある。しかし、それ以前に一人でできることもたくさんあるのだ。

私も跨ぎの型がなかなかできず、二つ折りにした座布団相手に結構練習した。これは人の体を観るようになっても、かなり長い期間続けていた。
実際の臨床で日々操法をおこなっていても、それとは別に練習は必要だと思う。バレエをやる人が、一生バー・レッスンを続けるのと一緒だ。
実践でしかわからないことは多いが、繰り返しの練習の中でしか得られないものもまたある。

跨ぎの型などは、始めのうちは足腰がつらいものだが、それも型が決まるようになれば楽にできるようになる。ただ、そうなるにはやはり修練の積み重ねが要る。
身体運動論やボディーワーク的なことを研究したりして、しゃがむと座骨は開くとか、骨盤底の筋膜がどうだとか、そういったことも役には立つ。また、イメージの持ち方を変えるだけで動きが改善されることもよくあることである。
しかし、最後は体を使って繰り返し、しかもある程度の時間と期間をかけて修練する以外に型を自得することはできないだろう。

少なくとも、プロでやっていきたいと思っているのであれば、それくらいの修練は当然必要なものである。それは職人になるにも、楽器奏者になるにも、どの世界でも当たり前のことだ。

ただし、教養として、家庭療法として、自分や身の回りの人のために整体を役立てたいという人は、きつい修練など全く必要ない。

基本的には 「愉気」 一辺倒でいけばいい。愉気だけなら、楽しんで覚えていけばどんどん上手になる。
愉気にも相手との関係の中での作法的なものや気の感応を上手に図る方法などはあるが、みな楽しんで学べる範疇のことばかりである。

プロとしてやるのでなければ、操法も覚えれば覚えただけ役に立つ。ただ手を当てて愉気するよりも、たとえ研ぎ澄まされた技術でなくても、習ったとおり操法の型を以て押さえた方が効果が上がることも多いからだ。

整体の世界は、裾野は広く、頂は険しい。無理に登らなくても、裾野にいて十分楽しめるし、役に立つのも整体のよいところだ。

ただし、高く登ろうとすれば、やはり知識を蓄え、気力を充実し、足腰を鍛え、心肺機能を高めていかなければならない。

真・行・草

真・行・草とは、書道でいえば、「楷書」・「行書」・「草書」 のことである。

整体の型も、長年修練してくるとだんだんと行書、草書になってくる。

しかしそれは、楷書をしっかり学んで体にきっちりと覚えこませてのち、それを運用しているうちに自然と動きの角が取れ、無用の間が詰まり、無駄が省かれてくるということである。
初心者が、先生が気軽にちょいちょいと操法をしているのを見て、あれが本当の操法だと真似をしてみても、似て非なるものが出来上がるだけである。いや、おそらくそれは似ても似つかない代物になるだけだろう。

長年操法をしている者でも、ときに楷書に戻って自らの 「型」 を確認することは必要である。いつの間にか易きに流れて 「型」 が崩れていることがあるからだ。
ましてや初学の者は、きちっと真の 「型」 を身に着ける努力をしなければならない。これは整体に限ったことではなく、どの世界でも同じなのではないだろうか。

整体操法の 「型」 には、跨ぎの型のように、足腰がつらいものもある。また、日常の体の使い方とは違う動き方を求められるものも多い。
しかし、そこで足が楽なように自分なりの格好にアレンジしてみたり、型通りに動こうとせずに日常の動作の延長のように手先だけでやったりすれば、それはもはや整体操法ではなくなってしまう。

真・行・草、始めに真が来るのは、そこに真実があるからである。真実はそう簡単につかめるものではないが、真の 「型」 には、最もわかりやすく真実が示されていることは確かである。

作法

整体操法には、「型」 がある。どこを押さえるのでも、ただ押せばいいということはなく、必ず「処(急所)」 を押さえるには型を以ておこなう。

正座の型、蹲踞の型、跨ぎの型のように基本的な構えがあり、その上にそれぞれの操法における様式としての型がある。

様式といっても、もちろん見た目を良くするために、ただそれっぽい恰好をするということではない。型は合理的に体を使い、かつ最良の効果をあげるために、長い年月をかけて研究され構築された機能的に優れた身体技法である。

整体操法は、一種の 「作法」 といってもよいと思う。作法というと、なにやら堅苦しいイメージもあるかもしれないが、そもそも作法とは、心身を合理的にコントロールするための便利なガイドである。

箸を箸置きから手に取るとき、作法に従って動けば、まず右手で取り上げて、左手で支えるようにしてから、右手を箸を使う位置に滑らせる。ここまで三動作かかる。
右手で持って、そのままちゃっちゃっと指を動かして、片手で持ち替えてしまえば早いような気がするが、実際にやってみると作法に則っている方が動きに無理がなくてやりやすい。また端から見ていても、動作が滑らかで美しい。

作法に沿った動きにはうつくしさがある。つまり、行儀がいいということは、見苦しくないということだ。

テーブルの上にペットボトルとグラスがあったとしよう。ペットボトルを取って直接飲んでみる。つまりはラッパ飲みだ。
次に一度グラスについてから飲んでみよう。どうだろうか、一度グラスについでから飲んだ方が、手順は増えても動きとしては無理がなく気持ちよく飲めるのではなかろうか。
なによりも、ラッパ飲みしたときと、グラスに注いでから飲んだときでは、その後の体の感じが全く違う。グラスに注いでから飲むと、ラッパ飲みにくらべて体もスッと纏まりがあるし、気持ちもすっきりと静かな状態にあるのではないだろうか。
これは、上述の箸の扱いにしても同様である。

作法に則った動きは、体も楽で快適に働かせることができる上に、身体の感覚とリンクしている心の状態をも整えてくれる力がある。
整体操法も作法だと思ってみると、型の持つ意味も理解しやすいし、間の取り方や呼吸のあり方なども教わらなくても自然と決まってくる。

整体を学ぶ人は、行住坐臥、普段からお行儀よくすることが、実は上達の早道だったりする。

「趾」 あしゆび

最近、「浮き指」 が注目されている。浮き指とは、足の指が反ってしまい地面につかないものをいうそうだ。足の横方向のアーチがつぶれることと関係があるともいう。

普通に立って足指が反って浮いてしまっているのはもちろん足指が使えない状態だが、見た目は足指が地面に着いていても、実際には力が入っておらず役に立っていない場合もある。
これは浮き指とはいわないのかもしれないが、浮き指予備軍でもあり、実質的には軽度の浮き指ということになるのではないだろうか。

前後に25センチある足の人も、足指が使えていなければ、実質的には長さ20センチになってしまう。当然、体を支える面積もだいぶ減少してしまう。
大きな体を小さな足裏で支えて、重心のコントロールをしなければならないのであるから、縦方向の5センチ減は、結構な痛手である。

しかも、足指が使えない状態であるということは、目に見える足指の続きである足の甲の中にある 「中足骨」 もうまく働いていないということは明らかである。

中足骨と踵骨(かかとの骨)の間には、三つの楔状骨、立方骨、舟状骨、距骨があり、それらの骨格パーツが少しずついろんなことを分担して体を支えたり歩いたりしている。細かい作業を担当している手と比べると動きは小さく見えるが、本来足裏・足指の性能は、手とはまた違った意味で非常に高度なものなのである。

しかし、足指が使えなくなっているということは、すでに足全体の機能がかなり縮小した状態であるといえる。支える面積が減った上に、機能も低下しているのだから、足の持つ体を支える能力は相当なレベルダウンである。
そうなると、足以外の部分、例えば下腿、膝、大腿、股関節、臀部、腰などが、本来足裏で調整していた分の立位保持の仕事を負担しようとする。当然本来なら要らない力が体の各部に入るようになり、それが続くとだんだんと筋肉は硬直して体は固まってくる。
体が固まると、なおさらバランスをとる機能は低下する。長細く縦に立っている体を倒れないようにバランスをとるには、本来体を柔らかく使えるほど有利なのだが、固まる程にバランスを取るのは難しくなるため、ますます力に頼って更に体を固めていくという、まことに非合理的な悪循環の連鎖に陥ってしまう。

この体の硬直は、下半身にとどまらず、頚や頭まで波及していくことになるので、肩こりやひどいと頭痛などの遠因にもなる。
また、本当なら力を入れなくてよいところに力が入り続けるので、足が必要以上に太くなったり、腰回り太くなったりするので、美容の面でもよろしくない。

 

さて、ではどうしたらいいのかといえば、はじめに戻って足指が地面に着いて、しかもしっかり地面を押さえられるように訓練するのがいいのである。

浮き指は、足指が反ってしまっているのだから、当然足裏方向に曲げることが苦手になっている。それを曲げる練習をすると、だんだんと曲がるようにもなるし、足指が地面を押さえる力も出てくる。まずは曲がらないことには、働きようもないのだ。
具体的にはどうすればよいかといえば、足指ジャンケンのグーをする。反らすの反対、足指を丸めるように曲げるのだ。

当院に通われてこられる方々に足の指を曲げてもらってみると、一番付け根の関節(中足趾節関節)が曲がらない人が多い。中には、付け根の関節がほとんど曲がらない人もいる。
これを毎日曲げるように練習してもらうと、少しずつだがだんだんと関節が曲がるようになってくる。ほんのちょっとでも曲がるようになると、その分足の性能が上がるので、体全体からすると不必要な緊張が減って楽になるのである。

ちなみに私は結構曲がる方である。ほとんどの人に、「そんなに曲がるものですか!?」 と驚かれる。パッと見は、軽く握ったこぶしぐらい丸くなる。
調子に乗って、「こうやって立つこともできますよ」 と足先の足指を曲げた部分で立って見せていたら、だんだん痛くなってきたので、最近はやめている。
まあ、そもそも最初からそこで立つ必要はまったくないので・・・。

指を曲げる練習は、まずは自力で曲げることが第一である。慣れてきたら、指先に少し力を入れて簀巻きでものを巻きこむような感じできっちり巻き込む練習するとよい。
一定期間続けたら、今度は足指の上に手の指四本を重ねて補助するように曲げてみる。はじめはあまり力を入れず、少しずつ慣らすようにする。いきなり力を入れてやると痛めてしまうこともあるので要注意。
それにも慣れて、足が痛くなることがなければ、今度は手のひらを重ねてまさに簀巻きで巻くように足指を巻いていく。手のひらを当てると、手指のときよりも力が強くかかるので、これもまた用心深く少しずつ少しずつ慣らしながらおこなおう。

足の能力開発にはほかにもいろいろな方向性があるが、足指が地面を捉えられるようになるには、まずは曲がるようにすることが第一なので、とりあえず足指曲げがお勧めなのである。

 

前回の記事でも関連記事として紹介したのだが、整体操法随想 というもう一つのブログの方に足指・足裏のことを書いた記事があるので今回も紹介したい。
ただし、こちらの記事で紹介している内容は、整体操法や武術など特殊な体の使い方に関してのもので、自然に歩くときなどはあまり意識せずに足を使った方がよいことが多い。

そちらのブログの方は、どちらかというと私的なブログというか、好き勝手なことを自由に書いている。このブログと白山治療院のHPにリンクがあるだけで、検索エンジンの検索にも掛からないように設定してあるので、縁のある人がたどり着いたら読んでください、といったスタンスで書いている。

~ 関連記事 ~

功夫口訣5 ~ 十趾抓地 ~

「足は親指」 の続き・・・。

五本指靴下

みなさんご存じだろうが、五本指靴下というものがある。足袋は親指とその他の四本指の二つに分かれているが、その五本指版である。

はじめて五本指靴下を履いたのは確か大学生のときだったと記憶しているが、その時からどうも窮屈で好きになれなかった。その頃は、指と指の間に布が二枚挟まるわけだから、それがきついのだろうかなどと思っていた。

最近、親戚の集まりで 「五本指ソックス」 の話題が出たことがあり、そういえばなぜ自分は好きになれなかったのかと考えてみた。今になればよくわかるが、五本指靴下は五本の指をそれぞれ自由にする目的で作られているのに、かえって指の動き制限してしまっているからだ。(水虫予防にはいいのかもしれないが・・・)

足の指を観察していただけばわかる通り、指の股の部分は骨格的には指のつけ根よりも先の方にある。その指の股に合わせて指を布で包んでしまうのだから、足指の動きは当然窮屈になってしまう。

手の指を見てもわかるけれど、拳を握ってグーにすると、指の骨は指の股よりずっと手の甲の方まで続いている。手の平側で見てみれば、指の付け根の関節は指の股どころか、手相でいう感情線あたりから曲るのがわかる。足の指のつくりもだいたい同じなのだ。

手袋の場合は、素材の伸縮性やデザインで動かしやすいように作られているのであまり窮屈ではないが、五本指靴下の場合、そこまで考えれていないものの方が多いのだろう。
おかげで、小さい手袋を無理にはめたような窮屈さが生まれてしまうのだ。

更にいうと、足の甲の中に中足骨という指の続きの骨があり、足の指は五本それぞれが、五本の中足骨につながっている。手の指も同様に中手骨につながっている。
手の親指と小指の先をつけようとすると手の平がすぼまるが、これは掌の中の中手骨が動いているのである。
手ほど器用に動きはしないが、足の指も中足骨と連動して働いている。五本指靴下は、足指と中足骨の連動も多少ではあるが邪魔してしまうのだ。

といったわけで、私は断然普通の靴下派なのだが、足指を使う場合は第2趾から第5趾を手のようにばらばらに細かく使うことはほとんどないし、多くは親指と他の四指セットの拮抗運動なので、足袋はそれほど窮屈な感じがしない。四本指もそれなりに中で動かせるようになっているし・・・。

 

~ 関連記事 ~

功夫口訣5 ~ 十趾抓地 ~

11月のお休み

   通常のお休みの他、

   11月25日(金)

   お休みとさせていただきます。

運動と労働

歩くことは体にいい。「歩く」 のは、人間の最も基本的な運動形態であるから、膝や股関節など下肢に故障がない限り、誰にでもおすすめの運動である。 

妊娠中の運動も、歩くことが基本である。整体では、妊婦さんに30分から1時間程度の散歩を勧めている。
マタニティ・ヨガなどもよいのだろうが、普段運動する習慣のない人だと、それで体を壊してしまう人もいる。水泳やプールで泳ぐのも運動の質としてはよいが、体が冷えるのが妊婦にはよろしくない。

 

さて、治療院に通って来られる方々に歩くことを勧めることはよくある。けっこう、「毎日、通勤で歩いています」 とか、「スーパーまでの行き返りで往復40分歩きます」 などという返事が返ってくることがあるのだが、それとは別に歩いてくださいということが多い。

同じ歩くのでも、運動と労働は体に与える影響が違う。健康のためを思って歩くのであれば、歩くためだけに歩いた方が効果が高い。

もちろん、買い物や通勤でなるべく歩くのはよいことだ。エスカレーターを避けて階段で行くというのも身体が鍛えられてよい。
ただ、健康法と考えると、やはり 「ウオーキング」 の時間を別にとれる方が望ましい。

なぜかというと、労働や移動で歩くのは、あまり体に意識が向いていない。それに対して、運動として歩く場合は、歩く速度や歩幅、姿勢など、体に絶えず目が向くので、体と対話しながら歩くことができる。そのため無理をし過ぎないですむし、運動の質も高くなる。
また、歩くためだけに歩く場合、手ぶらかそれに近い状態で歩けるが、仕事や買い物ではなかなかそうもいかない。場合によっては、重い荷物を不自然な状態で持って歩かなければならないこともある。

同じ歩くという行為でも、運動と労働では、体に与える影響は大きく変わってくるのである。
営業で毎日1万歩、2万歩と歩いている人が、それで健康になるどころか、かえって体がこわばっていて故障が多いというのもこのためである。

また、運動のために歩くという場合は、おおよそ自発的に行うことが多いだろう。それに比べて仕事や用事で歩くのは、必ずしもそうではなく、時には仕方なくイヤイヤ歩くこともあるだろう。
人間は自発的に行動するときには、心身のエネルギーがその目的に向けて動員されるので、疲れも少ないし、体を壊すことも少ない。もちろん、行動のパフォーマンスも高くなる。
受け身で、仕方なくやることは、体も十分に機能を発揮せず、疲れるし能率も上がらない。その上、やり終わっても、爽快感も充実感もない。

仕方なしにやることも、自分なりに工夫してモチベーションを高めたり、視点を切り替えたりして興味をもって自発的に行うようにするとだいぶ変わってくる。

・・・のだが、それには、それなりの心のスキルも必要なので、とりあえず歩くためだけに歩くことがおすすめなのである。

«お休みのお知らせ