« 断食 | Main | 正体術矯正法 野口整体の源流を求めて »

足に合わない靴は履かない!

ここ数日、合わない靴を履いて足が痛くなったり、腰が痛くなったりという人が何人か続いた。

合わない靴を無理して履いていると、体のあちらこちらに悪影響がある。
靴が当たると皮がむけたりマメができたりするが、それ以外にも足首や膝、股関節などが痛くなることもある。また、脚の関節や筋肉だけでなく、その影響は骨盤や腰椎、そして頚椎にまで及ぶことも珍しくない。

靴のどこかが当たっていたり、窮屈なところがあったりすると、脚に変な力が入る。(もちろん足だけでなく影響は全身に及んでいる) そのまま歩いていると、無理のかかるところが硬直してくるのだろう。
それが、その人の元々持っていた体の歪みを助長することもあるし、新たなゆがみを作ってしまうこともある。
そして、合わない靴を履いておかしくしたところは、その影響が長引きやすく、なかなか治りにくい。

足に合う靴を探すのはなかなか骨が折れる。高価な靴ならいいかというとそういうわけでもないし、オーダーメイドの靴でも合わないことも結構ある。
革靴やハイヒール、サンダルなどはもちろんだが、スニーカーでも合う合わないがある。
靴屋さんで履いたときは良いと感じたものでも、外を歩いてみるとやっぱり合わないということもしばしばだ。
私も靴には気を使うほうで、気に入った靴(履きやすい靴)を見つけると、後日スペアを買いに行くこともある。
良い靴に当たったら、同じ靴を2足、3足買っておくのも一つの手である。
そして、しまっておくのではなく、交互にもしくはローテーションさせて履く。そうすると靴も長持ちするし、梅雨時や夏場などにも雑菌が繁殖しにくいという利点もある。

とにもかくにも、合わない靴は履かないことである。
たとえ高価な靴だったとしても、もったいないなどと言って履き続けてはいけない。それで掛け替えのない体を壊してしまっては何にもならない。
合わなかった靴がどうしても諦められなかったら、仕方がないので、玄関の隅にさりげなく飾っておこう。

« 断食 | Main | 正体術矯正法 野口整体の源流を求めて »

健康生活のしおり」カテゴリの記事