« 脊髄行気法 | Main | 脊髄行気法 おまけ »

脊髄行気法 続き

脊髄行気法は、背骨に息を吸い込んでいく。
このとき、背骨に息をたっぷりと吸い込むのが良い。お腹に息を吸い込むと、お腹が大きく膨らむが、背骨で息をすると背骨が内側から膨らむような感じになる。
背骨に息を通す、気を通すと言うが、スースー通すというよりも、背骨の中の中心管に息を満たす、気を満たすという感じである。

行気法とは、内観的呼吸法である。
「息は、肺にしか入りませんよ」 などと言ってはいけない。
呼吸というのは、肺に空気を出し入れすることだけではない。呼吸という、一種の全身運動である。
そもそも、肺は自力で空気を出し入れできない。
肋骨が筋肉によって広がったりすぼまったりする運動、横隔膜という肺の下にある筋肉の厚い膜の上下運動などによって、肺に空気が出たり入ったりするのである。
そのとき、吸気では体が一様に緊張している。呼気のときには弛んでいく。呼吸は、全身の大きな緊張 ・弛緩の波なのである。

「それでも、背骨には息は入りませんよね」 などと言ってはいけない。
腹式呼吸と言っても、お腹に空気が入ることではない。まさにお腹に息が入ってくるような実感を伴った呼吸である。
脊髄行気法も、まさに背骨に息が満ちてくるような呼吸法である。

上手に行うと、背骨に沿って汗が出てくる。ここまで行くと、行気法の効果ははっきりする。汗が出たら、左右にちょっと体を捻っておくと良い。


ちなみに、呼吸法というのは、絶えず意識しているのが良いわけではない。時間を区切って行うのが良い。それ以外は、呼吸は意識せず体に任せておく。
呼吸法教室に行ったり、ヨーガの呼吸法などを習って、あまり呼吸を意識しすぎて、今度は自然に呼吸ができなくなってしまった人を何人か観たことがある。冗談のようだが、そういう人が結構いるのである。

« 脊髄行気法 | Main | 脊髄行気法 おまけ »

健康生活のしおり」カテゴリの記事