« December 2016 | Main | February 2017 »

January 2017

身体気法会 第三期野口整体初等講座のお知らせ

4月より、懇意にさせて頂いている柳澤先生が主宰される身体気法会の第三期 野口整体初等講座が開講されます。整体法を基礎から学ぶ年間講座です。

詳しくは、身体気法会ホームページ  をご覧下さい。

 

以下、身体気法会HPより転載

※第三期整体法講座 内容予定
        

       ◆初等講座 「整体法の基礎~気応と感応」

        1、気の角度 ~気的コミュニケーション
 
 2、愉気 ~気の集注と対応

                   3、活元運動 ~自律調整法

 4、行気法 ~気の流れと体位

                 ~~~~~~夏休み~~~~~~8月

         5、呼吸と間と度 ~気の間隙と波

                   6、気応とリズム ~同調と共鳴

        7、気の形 ~気に添い、乗じる

            ~~~~~~年末休み~~~~~~12月

 8、腹を観る ~観察と調律

 9、身体を捌く ~型にあるもの

        10、愉気の様式 ~集注点と反応点

        11、何かあった時のために ~整体生活法

ヒートショックとヒートショック・プロテイン その2

前回の記事からの続きだが、昨今の入浴の流行りは、ぬるいお風呂にゆっくり浸かるというリラックス志向である。

整体流の 「熱め、短め」 は、交感神経が緊張して寝付きが悪くなるとか、それこそヒートショックを引き起こすとか、医学・科学の分野の研究ではどちらかというと分が悪い。

しかし一方で、整体流を援護する科学的研究結果もあったりする。その一つが、ヒートショック・プロテイン(熱ショックタンパク質)だ。
熱ショックタンパク質とは、細胞が熱などのストレス化に置かれたときに発現が上昇して細胞を保護するタンパク質のことだ。このたんぱく質が活性化すると、具体的な御利益としては肌のツヤが良くなったり、免疫力がアップしたり、代謝が上がって冷え性や低体温が改善したりするという。原理的には、しなしなのレタスが50度洗いでシャキッとする、というのと同じことらしい。

これらの御利益は、整体の世界では熱めのお風呂に期待する効用としては極々常識的なものである。

熱ショックタンパク質に関しては、数年前から健康番組などで取り上げられてたようだが、最近ではリオ・オリンピックの陸上選手が、温度が高めの入浴法を取り入れて成果を上げたということが一部で話題になった。試合の2日前に熱めの風呂に入るのが、もっとも試合当日に力を発揮しやすいらしい。

 

整体の流儀は昔から変わらないのだが、時の流行りや科学の新常識などによって、整体は非科学的だとか逆に科学の先を行っているとか、いろいろと世間の評価が変わるのが面白い。

呼吸器を良くするのに目に愉気をするとか、脱肛を頭のてっぺんで治すとか、そんなものは科学的ではない、というようなことは整体創成期からたえず言われているようだ。
逆に、後から医学・科学の分野が追いつくこともあり、やっぱり整体はすごいとか、野口先生は天才だったとかいうこともある。(それだって、また新しい論文が出て二転三転するんだけれど・・・)

ある人は、整体は 「非科学的」 だといい、ある人は、「未科学的」、すなわち未だ科学では解明できない分野であるという。

私にとっては、正直どっちでもいい。そもそも、整体は科学ではない、と考えているから。
茶道や華道、武術、美術、音楽が科学ではないのと同じ感覚で、整体も科学ではない。

科学・医学の知識が整体の役に立つことは大いにある。しかし、別に整体が科学的である必要はないと思う。
医学は、もしかしたら大部分が科学なのかもしれないが、整体はどちらかというと人と人とのコミュニケーションだと考えている(潜在意識、無意識の領域まで含めての・・・)。

 

さて、熱めのお風呂に入る場合、その適温は何度ということではなく、入る前に湯を手でかき混ぜてちょうどよい湯加減を決める。
ぬるくては、体を引き締め活性化する効果はない。熱いけれど、気持ちいい温度、それが適温である。

ぬるいお湯に浸かって、後から追い焚きなどで加温するのは、余計に体がたるむのでよろしくない(中毒解消にはあく抜きのようなこの入り方が役に立つ)。あらかじめ適温にしておいてから入浴する。

いつまでも入っていられるようではお湯がぬるい。何分かしたら出たくなるくらいの温度がよい。
お湯から上がるタイミングは、温まり切るほんの直前で出るのがよい。それを越して入っていると逆上せてしまう。

足先が冷えるような人は、お湯から上がるときに足だけ湯に浸けたままで体を拭いて、その間足だけ余分に暖めておくといい。

ヒートショックとヒートショック・プロテイン その1

最近、メディアなどでヒートショックに関する注意喚起がしきりになされている。

ご存じだろうが、ヒートショックとは、寒い脱衣所や浴室で衣服を脱いで寒さにさらされた上に熱いお風呂に入ることで、急な温度変化にさらされ血圧などが急激に変化することをいう。場合によっては、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす恐れがある。

テレビの健康番組などでも、入浴温度はだいたい41度以下を推奨しているようだ。

一方整体では、日常的に入るお風呂の温度としては 「熱め」 を奨めていて、何度とは決められないが、42度くらいが標準的とされている。
つまり、体の感受性にもよるのだが平均的に42度が熱いとぬるいの境で、整体は熱いお風呂を、医師などはぬるいお風呂を推奨しているということである。

整体でぬるいお風呂を奨めない理由は、体がたるんでしまうからだ。つまりは、体が伸びきったゴムのようになって、元気が出なくなる。体がゆるむのは良いことだが、たるむのはいただけない。
たるむというのは、力が入らなくなるということであって、生きる活力が低下してしまう。例えば朝が起きづらいとか、意欲が湧かないとか、ともかく元気が出なくなる。
もちろんリラックスはよいことだが、引き締まりがなければ、ただのヘナヘナになってしまう。弓の弦も強く張りすぎれば切れてしまうが、たるんでいれば役に立たない。ちょうどよく張られた弓の様に体を活性化する入浴法が、ちょっと熱めのお風呂に短めに入るという方法なのだ。

さて、私の家内の実家は東京の下町にあるのだが、そのあたりでは銭湯文化が根付いていて、内風呂がある人でも結構ふだんから銭湯に行ったりする。
最近は時代も変わって、そのあたりにもお湯のぬるい銭湯があるが、20年ほど前までは、軒並み熱いお湯のお風呂屋さんばかりだった。しかも、その熱さといえば尋常ではなく、サッと手を入れると入れたところまでがキレイに真っ赤になるといった具合で、はじめて入ったときには、大げさではなくあまりの熱さに手足の爪が剥がれるかと思ったほどだ。

そんなお湯の熱いお風呂屋さんでも、湯中りぐらいはあっても、倒れる人が出たというような話はとんと聞いたこともない。
お風呂屋さんでは、脱衣所も暖かだし、体を洗ってからお湯に浸かるのがマナーであるから、ヒートショックも起こりづらいのではないだろうか。
もちろん、あまりに熱いお湯では体に悪いのは当然だが、気持ちの良い範囲の温度であれば、熱めの風呂自体が悪いということではない。(もちろん、心臓や血圧に問題がある人の場合は、それなりの配慮がなくてはならない)

ヒート(熱)のショックというから熱い風呂が悪いような印象だが、どちらかというと問題は急激な温度差にある。脱衣所や浴室で素肌が寒気にさらされて、ブルブルっと来るのが最初のショックなのだ。

できれば、脱衣所や浴室にも何らかの暖房設備を設置するのが最良の対策だろう。
しかし浴室などはそれもなかなか難しいであろうことから、最近ではシャワーで高いところからお湯を張るとか、入浴前にしばらくシャワーでお湯を出しっぱなしにしておいて、浴室の温度を上げておくことなどが奨められている。

またお風呂以外にも、夜中のトイレなど、暖かい布団から急に寒いところに出ると、やはり血圧が急変して危険なことがある。
廊下やトイレも暖かければそれにこしたことはないが、寝室にちょっと羽織れるものやスリッパなどを用意しておくのもよいかもしれない。

« December 2016 | Main | February 2017 »